“201cm”のサイズは無視できぬ セリエCから始めて2年で大注目のルッカに集まる視線

世代別イタリア代表でプレイするルッカ photo/Getty Images

投資するだけの価値はある

やはり201cmのサイズは無視できないか。現在イタリア国内で注目を集めているのがACピサに所属する21歳のイタリア人FWロレンツォ・ルッカだ。

ルッカの名前は今季一気に有名なものとなった。ACピサはセリエBに所属するクラブだが、そこでルッカは開幕から7試合で6ゴールと躍動。まさかのセリエBからイタリアA代表入りもあり得るのではないかと話題になり、代表監督ロベルト・マンチーニの選択に注目が集まったほどだ。

しかし、ルッカのゴールは何とそこでストップ。昨年10月2日のレッジーナ戦以降はピタリと勢いが止まり、結局リーグ戦6ゴールでシーズンを終えてしまったのだ。チームは3位に入ったものの、昇格プレイオフでモンツァに敗れて昇格失敗。やや後味の悪い終わりとなってしまった。

ルッカは昨夏にセリエCのパレルモからセリエBのピサへ移籍しており、そのままピサとともにセリエAへ上がってくるのではと序盤戦は話題になっていた。そのシナリオは実現しなかったわけだが、ルッカ個人のセリエA昇格ならあり得るかもしれない。

伊『Calciomercato』はルッカにボローニャ、サレルニターナ、新シーズンからセリエAに昇格するクレモネーゼが関心を示していると伝えており、そのポテンシャルは高い評価を得ているようだ。

継続性の部分は課題だが、やはり201cmのサイズにはロマンがある。投資をするだけの価値はあるセンターフォワードと言えそうで、イタリアサッカー界全体でルッカをトップレベルで戦える大型FWへ成長させていく必要がある。

今季途中でゴールペースがピタリと止まってしまったのは気がかりだが、ルッカはセリエAでも戦えるレベルにあるのか。セリエCでプレイしていた若者が2シーズンでセリエAまで上がってくる可能性もあり、新シーズンも何かとルッカは注目を集めそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ