J1でも魅せたパリ五輪世代の守護神 鈴木彩艶が好守でU-21日本代表を支える

今季はACLに出場している鈴木 photo/Getty Images

昨季浦和レッズでデビューを飾った

日本の将来を担う守護神が大きく成長している。U-21日本代表はu-23アジアカップでU-23韓国代表と対戦。3-0で勝利してベスト4進出を決めた。正GKとして先発した鈴木彩艶は、今大会で好守を見せてチームを支えている。

初戦のU-23UAE代表戦で先制直後の失点を許してしまうなど、苦しい試合だった。それでも勝ち越しゴールを奪って初戦から勝点3を獲得すると、第2戦のU-23サウジアラビア戦では好セーブを連発。相手に攻め込まれ決定機を何本も作られるものの、鈴木の好守で阻止する。サウジアラビア戦をスコアレスドローで耐えたことで、グループステージ突破を大きく近づけ、U-23タジキスタン戦にも勝利してベスト8へと進出した。

韓国戦も劣勢の展開が予想されたが、攻守に圧倒した日本。ゴールマウスに立った鈴木も存在感を発揮してゴールを許さず。1つ上の世代の韓国にも堂々たる戦いぶりを見せた日本が3-0と圧倒して準決勝へと駒を進めた。好守でチームに貢献した鈴木も、大きな成長を続けている。アジアカップ制覇に彼の好セーブは欠かせないのだ。

昨季は所属する浦和レッズで西川周作から一時的に正GKのポジションを奪い、J1で3試合連続無失点を記録するなど、ルーキーイヤーを華々しく飾った鈴木。昨季はルヴァンカップでも主力となっており、正GKとして経験を積んだ。世代別代表で正守護神となる男が、Jの舞台でも大きく飛躍できるか注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ