元ポルトのブラジル人MFが浮上のきっかけになるか J2最下位で指揮官交代のFC琉球

新加入選手を発表した(写真はイメージ) photo/Getty Images

喜名哲裕監督を解任した琉球

J2で最下位に沈むFC琉球は8日、喜名哲裕監督を解任し、倉貫一毅ヘッドコーチが暫定的に指揮を執ることが発表された。昨季はJ1昇格争いに絡むものの、終盤に失速して指揮官を交代。今季も昇格を目標に掲げたが、3勝6分11敗で22位と苦しんでいる。

そんな琉球は新助っ人としてブラジル人アタッカーを補強。9日にヴィラ・ノヴァからケルヴィンの獲得を発表している。今季J2では23得点を挙げるチームでさらなる攻撃力アップとなれるか。

ブラジル人MFのケルヴィンは、クリチーバ出身の29歳。2011年には18歳でプリメイラリーガのポルトへ加入し、翌年にはリオ・アヴェに期限付き移籍する。ゴールこそないものの、22試合に出場して経験を積むと12-13シーズンにはベンフィカ戦でゴールを決めるなど強豪相手に勝負強さを見せつけた。

その後はパルメイラス、サンパウロ、ヴァスコ・ダ・ガマなどで武者修行をくり返し、昨季はヴィラ・ノヴァでプレイしていた。ケルヴィンは琉球の公式HPにて「一緒に努力する事により目標に達することが出来ると信じています。皆様のサポートの程よろしくお願いいたします」とコメント。攻撃的なサッカーを掲げる琉球で、彼の加入が浮上のきっかけとなれるか期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ