初招集伊藤洋輝がパラグアイ戦で先発に抜擢 中盤は原口、鎌田がインサイドハーフとして並ぶことに?

伊藤洋輝が左サイドバックとして先発する photo/Getty images

4戦あるテストゲームの初戦となる

2日にパラグアイ代表と対戦する日本代表のスターティングメンバーが発表された。GKからシュミット・ダニエル、最終ラインは4バックで右から山根視来、谷口彰悟、吉田麻也、伊藤洋輝、中盤は遠藤航、原口元気、鎌田大地の3人。前線は右から堂安律、浅野拓磨、三笘薫の11人となった。久保建英、伊東純也、上田綺世らはベンチからのスタートとなる。

テストゲームということもあって森保一監督はアジア最終予選からメンバーを大きく変えてきた。

注目は初招集DF伊藤の起用法と中盤の並びだ。伊藤はシュツットガルトで3バックの左で起用されており、左サイドバックでも使われることも予想されていた。右には攻撃的な山根がおり、守備的なSB起用となるか。

中盤はいつもの並びではなく、原口と鎌田がスタメンに名を連ねた。原口が下がり目で鎌田がトップ下になるか。また、遠藤をアンカーに原口、鎌田がインサイドハーフとして並ぶ可能性もあり、楽しみなテストゲーム初戦となりそうだ。


日本代表スターティングメンバー
GK
シュミット・ダニエル
DF
山根視来
谷口彰悟
吉田麻也
伊藤洋輝
MF
遠藤航
原口元気
鎌田大地
FW
堂安律
浅野拓磨
三笘薫

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ