昨季ケガ人続出のリヴァプールでブレイクも…… N・フィリップスはプレミアクラブへの移籍を希望

ゴールも記録したフィリップス photo/Getty Images

今季はボーンマスで1部昇格に貢献

昨季ケガで長期離脱していたセンターバック陣が復帰し、今季のリヴァプールは安定した守備でタイトルレースを戦い抜いた。フィルジル・ファン・ダイクやジョエル・マティプといった主力に加え、新戦力のイブラヒマ・コナテが1年目から活躍したことで、より一層守備陣の層が増した1年となる。

しかしその一方で昨季リヴァプールで頭角を現しながら、今季はレギュラー争いに絡めず他クラブへレンタル移籍となったのが、ナサニエル・フィリップスだ。主力が全員ケガで離脱となったチームで奮闘し、昨季のプレミアリーグ17試合1得点を記録。守備のリーダーとなってUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献するなど、高いポテンシャルを発揮した。

ただレギュラー陣が全員復帰したことで序列が下がり、コナテも加入したことでフィリップスだけでなく主力だったジョー・ゴメスも試合に絡めない状態が続いていた。そんな中でフィリップスは、冬にチャンピオンシップのボーンマスに期限付き移籍し、主力として活躍。リーグ戦17試合に出場してプレミア昇格に貢献している。

来季はリヴァプール復帰となるフィリップスだが、英『Mirror』によれば、同選手は出場機会を求めており、来シーズンもレンタルか完全での移籍が濃厚であると報道。またプレミアリーグでのプレイを希望しているため、プレミアのクラブからオファーがあれば検討すると伝えている。リヴァプールとの契約は3年残っているものの、現在25歳と成長するには試合での経験を積みたいところだろう。リヴァプールでディフェンスリーダーとなってプレミア3位に貢献した逸材は、来季どのクラブでプレイするのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ