リヴァプールが再びポルトから即戦力を獲得? 得点創出できる中盤のパサーに関心か

キックを武器とするオタビオ photo/Getty Images

ポルトガル代表でも活躍

リヴァプールが今季1月にポルトから獲得したルイス・ディアスは、すぐさまチームにフィットしてチームの戦力として大きな活躍を見せており、センセーショナルなデビューシーズンとなった。そんなリヴァプールが再びポルトから即戦力候補といえる存在を獲得するかもしれない。

ポルトガルメディア『A Bola』ではリヴァプールが中盤と攻撃陣の新たな補強としてポルトからMFオタビオを狙っていると報道。ポルトで成長を続ける27歳に関心を示しており、リヴァプールがアンフィールドへと迎え入れるのではないかと伝えている。

オタビオは2014年にインテル・ナシオナルからポルトへ加入。初年度はBチームからスタートし、翌年ヴィトーリア・ギマランイスで主力として活躍すると、ポルトでも徐々に頭角を現していく。すると今季はキャリアハイとなる32試合3ゴール11アシストを記録。ポルトをリーグ優勝に導く原動力となった。

トップ下やインサイドハーフ、ウイングなど様々なポジションでプレイ可能なオタビオ。今季のポルトでは主にインサイドハーフを務めており、ボールテクニックと精度の高いパスを供給して攻撃陣をけん引している。強度高いポルトのスタイルで11アシストとゴールへ直結できるパスを出せる能力はリヴァプールでも生かせるだろう。

リヴァプールではチアゴ・アルカンタラがパス精度の高さを見せ、チームでは唯一無二の存在となっている。ただその能力を彼に依存するだけではなく、同じようなパスセンスが発揮できる選手の獲得も必要だ。より攻撃的なプレイヤーではあるオタビオだが、その力をプレミアの舞台で発揮することとなるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ