レアルには“プランB”がある ムバッペに代わるヴィニシウス&ロドリゴがチームの顔になるべし

ロドリゴは今季覚醒の兆しを感じさせた photo/Getty Images

ムバッペ獲得失敗で来季の前線はどうなるか

今夏にFWキリアン・ムバッペを迎え、新時代の銀河系軍団を作り上げる。レアル・マドリードにはそのプランがあったはずだ。

しかし、ムバッペはパリ・サンジェルマンとの契約を2025年まで延長。レアルとしては今夏のプランが狂うことになり、この流れは予想していなかっただろう。

レアルは次なる一手に動く必要があるが、すでにプランBは存在する。それは今季成長を見せたFWヴィニシウス・ジュニオールとロドリゴ・ゴエスの若きブラジル人アタッカーコンビをさらに伸ばしていくことだ。

将来的にムバッペがレアルへ加わるかは分からないが、ムバッペが今夏に加入しないとなればヴィニシウスとロドリゴがプレイタイムを確保していくのは難しいことではない。スペイン『as』は2人が次の2、3シーズンでバロンドールTOP20には入ってくるはずと能力に太鼓判を押す。

今夏ムバッペに代わる新たなスター選手獲得へ動く手もあるが、左にヴィニシウス、右にロドリゴ、中央にカリム・ベンゼマのトリオでも問題はないだろう。すでにトップレベルでも戦えることはヴィニシウスとロドリゴも証明済みで、来季へモチベーションも高いはず。

ベンゼマの負担を軽減するセンターフォワードのバックアッパーなど揃えるべきポジションもあるが、スター選手獲りへ動かずとも競争力は維持できるのではないか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ