ライスやムシアラのように覚醒も? イタリアでブレイクの時を待つチェルシー下部組織出身者とは

近い将来のブレイクに期待がかかるイリング・ジュニオール photo/Getty Images

ドリブル技術はピカイチ

ここ数年、チェルシー下部組織出身者のブレイクが止まらない。MFメイソン・マウントやDFリース・ジェイムズを筆頭に、近年優秀なタレントを次々と輩出しているブルーズのアカデミー。数年前まであまり育成のイメージはなかった同クラブだが、今ではその印象もだいぶ変わったと言っていい。

そんなチェルシーの下部組織出身者といえば、他クラブに出て成功を掴んでいる選手も多い。ウェストハムのMFデクラン・ライス、アタランタのFWジェレミー・ボガ、バイエルン・ミュンヘンのMFジャマール・ムシアラなど、名前を挙げれば次から次へと優秀な選手が出てくる。こうした選手たちを見てみても、チェルシー下部組織がいかに才能の宝庫となっているかは窺い知ることができる。

そんななか、またそう遠くない未来にイタリアでチェルシー産の才能が開花するのか。今注目したいのは、ユヴェントスのU-19カテゴリでプレイしているFWサミュエル・イリング・ジュニオール(18)だ。

U-19イングランド代表にも選出されており、左ウイングを主戦場とするイリング・ジュニオール。そんな彼が最大の武器としているのは、スピード感溢れるドリブルだ。静止した状態から味方のパスを受けても一瞬の加速で相手を置き去りにする突破力は非常に魅力的で、一度スピードに乗ってしまえば同世代で彼を止められる選手はそういないだろう。シンプルな“ストップ&ゴー”で対峙したDFを剥がせるヤングタレントは、すぐにでもトップチームで試したい存在となっている。

チェルシー下部組織出身者の中で次にブレイクするかもしれないイリング・ジュニオール。今はユヴェントスの選手だが、彼には今後も注目しておきたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ