L・ディアスに続き南野拓実の強力なライバルにも? リヴァプールが夏に新エース獲得候補か

ベンフィカのエースとなっているダルウィン photo/Getty Images

マンCも獲得を狙うベンフィカFW

リヴァプールは今冬にポルトからルイス・ディアスを獲得した。プリメイラリーガでゴールを量産していたアタッカーは、リヴァプール加入後すぐにフィットすると、移籍後初ゴールをすでに記録するなど主力として存在感を発揮している。

そんなリヴァプールが今夏、再びポルトガルからFWを補強するかもしれない。今度はベンフィカのダルウィン・ヌニェスを狙っているのではないかと英メディア『Football Insider』が報じている。

ルイス・ディアスが14ゴールを記録したプリメイラリーガで、現在19試合18得点を挙げているダルウィン。スピードとフィジカルはトップクラスを誇るストライカーで、UEFAチャンピオンズリーグではバルセロナから2ゴールを奪う活躍を見せるなど、高い得点能力を見せた。

今季のダルウィンはベンフィカで左ウイングを務めている。リヴァプールはフロントスリーが30代を迎えている状況下で、ディオゴ・ジョタ、ルイス・ディアスといった20代半ばのFWを獲得して世代交代を図っている。ダルウィンも22歳と若く、彼らとともに新たなフロントスリーの一角として迎え入れる可能性も十分に考えられるだろう。獲得が実現すればL・ディアスに続き、南野拓実には強力なライバルとなる。

同選手には昨夏ブライトンが獲得に近づいており、今季もマンチェスター・シティやウェストハムなどから補強の噂が出ている。プレミアリーグから注目を浴びるウルグアイ代表FW。来季はどのクラブでプレイすることになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ