フィルミーノ、ジョタが離脱しても問題なし? ウイングに中央に仕事ができる万能型マネ

今季もリヴァプールの得点源となるマネ photo/Getty Images

マネが3トップの中央でプレイ

今季も圧倒的な攻撃力でプレミアリーグ最多のゴール数を記録するリヴァプール。そんなクラブは現在、ディオゴ・ジョタとロベルト・フィルミーノが負傷離脱中ながら攻撃力を保っている。

3トップの中央を務める両名の代わりに最前線の真ん中で存在感を発揮するのがサディオ・マネだ。本来は左ウイングで起用されるマネだが、直近2試合のノリッジ戦とリーズ・ユナイテッド戦では3トップの中央でプレイ。3ゴールを記録する活躍でチームを勝利に導いている。

マネはサイド起用時には圧倒的なスピードで相手を追い抜き、簡単にゴールまで運んでいく。しかし彼はスピードだけでなく高い身体能力も武器としており、フィジカルも強いため3トップの中央でも起点になることができる。マネは中央で起用されれば、自身の身体の強さを活かして2列目で楔のパスを受けることができる万能なFWなのだ。

主力のFWが離脱している状況でもレギュラー陣が補う形でポジションを埋めている。そうやってリヴァプールの高い攻撃力は保たれているのだ。カラバオカップ決勝でもフィルミーノとジョタは欠場が濃厚だが、マネがチームをタイトルへと導くゴールを決めてくれるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ