プレミア5試合ぶりの出場で1アシスト リーグとCLの2冠目指すリヴァプールで重要な“バイプレイヤー”

出場時に結果を残すツィミカス photo/Getty Images

マネのゴールをアシストしたツィミカス

プレミアリーグ第26節でリヴァプールはノリッジと対戦し、3-1と勝利した。今試合で左サイドバックで出場したコスタス・ツィミカスは、久々のスタメンながら高いパフォーマンスを見せてチームの勝利に貢献した。

ミッドウィークにUEFAチャンピオンズリーグを戦い連戦のリヴァプールは、アンドリュー・ロバートソンをサブに置きツィミカスをスタメン起用する。プレミアリーグでは第21節のチェルシー戦以来の出場となったツィミカスだが、積極的に自身の持ち味である攻撃参加を見せる。

ゴール前への飛び出しも多く見せた。サイドバックながらシュートを3本放つなど、得点への意欲を見せる。64分には縦のボールにペナルティエリアへと侵入したツィミカスが反応すると、ヘディングで折り返してサディオ・マネがゴールネットを揺らし、1アシストを記録した。

ツィミカスは高いパフォーマンスを見せるロバートソンがいる中で控えに甘んじるものの、出場すれば結果を残している。リーグとCLの2冠を狙うチームにおいて彼のような“バイプレイヤー”の存在も、非常に重要な役割を担っているのだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ