急成長MLSが目指すCWCの舞台 スター補強策&育成術で地球一のタイトルを手にする日はくるか

チチャリートもMLSの成長を感じている photo/Getty Images

メキシコ勢との激しいバトルになる

近年は欧州で活躍してきたベテランのスター選手を積極的に獲得してきたアメリカ・MLS。今冬にもスイス代表MFジェルダン・シャキリがシカゴ・ファイアーFCへ、ユヴェントスでプレイしてきたFWドウグラス・コスタがロサンゼルス・ギャラクシーへ加入するなど、MLSのクラブは市場で積極的な動きを見せている。

その一方でアメリカ代表FWリカルド・ペピがFCダラスからドイツのアウグスブルクへ向かうなど、MLSで育った若手が欧州へ向かうパターンも増えてきた。MLSがリーグとして大きく成長しているのは間違いない。

次なる目標があるとするならば、MLSのクラブをクラブワールドカップへ送り込むことか。クラブワールドカップに出場するには、CONCACAFチャンピオンズリーグを制する必要があり、最大のライバルとなるのがメキシコ勢だ。

チェルシーの優勝で幕を閉じた今年のクラブワールドカップも、北中米からはメキシコのモンテレイが出場していた。昨季のCONCACAFチャンピオンズリーグ決勝はモンテレイVSクラブアメリカのメキシコ勢対決となっており、残念ながらアメリカのコロンバス・クルー、フィラデルフィア・ユニオン、ポートランド・ティンバーズ、アトランタ・ユナイテッドの4クラブはファイナルへ進めなかった。

米『ESPN』によると、LAギャラクシーでプレイするメキシコ人FWハビエル・エルナンデスもMLSが成長していると評価する一方で、メキシコのクラブから学ぶこともあると語る。

「MLSの成長は驚くべきものだ。今後も多くの選手はスキルを磨き、欧州へ向かうチャンスを得るべくここへ来たがるだろう。ここはメキシコも学ぶ必要があると思う。ただ、MLSもメキシコから学ぶことはある。MLSのクラブはクラブワールドカップにチームを送り込めていない。そこにはメキシコが多く送り込んでいるからね」

とはいえ、今後CONCACAFチャンピオンズリーグにてMLS勢とメキシコ勢の争いがヒートアップするのは間違いない。MLSのクラブにもクラブワールドカップ出場のチャンスが巡ってくるはずで、欧州で活躍してきたスタープレイヤーをクラブワールドカップで見られる日もそう遠くはないだろう。MLSは着実に進歩しているが、クラブワールドカップ優勝クラブを生み出せるか。国際舞台での活躍が次なるステップだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ