今季浦和レッズのリーグ制覇へ大きな課題に? 逆境を打ち破るチームになれるか

昨季は逆転勝利はわずか1度のみ photo/Getty Images

京都に完封負けを喫した浦和

浦和レッズは京都サンガFCとのJ1開幕戦を0-1と落としてしまう。今季リーグ優勝を目標に掲げている浦和にとって痛すぎる1敗となった。今季優勝するためには昨季からの課題を解決していくことが重要だ。

その1つが先制された試合での運び方だ。京都戦でも49分にピーター・ウタカに先制ゴールを決められると、その後は1点を奪うために攻勢に出るものの精彩を欠いて最後まで1点を奪うことができなかった。小泉佳穂の投入で勢いを増し、相手GK上福元直人の好セーブも多く見られたが、逆境を打ち破ることができずに90分を迎える。

この点は浦和の昨季からの課題とも言える。昨シーズンはJ1で11敗を喫しているが、その中で10敗は先に相手にゴールを決められての敗戦だ。逆転勝利は第30節のFC東京戦(2-1〇)の1度のみで、この試合も開始1分で失点しており、返せる時間は十分にあった。相手に先行されても反撃の狼煙を挙げられるかが今季のテーマの1つとなるかもしれない。

昨季はルヴァンカップの決勝トーナメント準々決勝で、川崎フロンターレに1-3から同点に追いつくなど劇的な試合も演じた浦和レッズ。この試合は先制しながら3ゴールを決められ、厳しい状況ながら逆境を跳ね返して準決勝へと駒を進めた。今季の浦和がリーグタイトルを獲得するうえで成長を見せるには“逆転できるチーム”になれるかどうかが鍵を握っていそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ