「まるで戦車のような頑丈な体」 “通算800試合”出場達成の鉄人ミルナーに集まる称賛

リヴァプールで走り続けるミルナー photo/Getty Images

脇役ながらチームのため走り続ける

出場は僅か4分間ではあったが、リヴァプールMFジェイムズ・ミルナーは16日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのインテル戦に途中出場。チームの勝利に貢献した。

このゲームはミルナーにとって節目の一戦であり、クラブでの戦いを合わせて通算800試合出場を達成した。リヴァプールで275試合、マンチェスター・シティで203試合、ニューカッスルで136試合、アストン・ヴィラで126試合、リーズ・ユナイテッドで54試合、そしてスウィンドン・タウンで6試合だ。

以前所属していたマンC、現在所属するリヴァプールでは決して主役というわけではないが、出場するたびにベストを尽くしてくれる貴重な職人だ。中盤からサイドバックまで複数ポジションをこなすユーティリティ性も持ち合わせており、その能力をリヴァプール指揮官ユルゲン・クロップも高く評価してきた。

36歳と大ベテランになったが、運動量やスピードに大きな衰えは見られない。地味かもしれないが、ミルナーも現代を代表する鉄人プレイヤーの1人と言っていいだろう。

SNS上では「過小評価されている選手の1人」、「フィットネスに加えて、彼のメンタルも凄い」、「まるで戦車のような頑丈な体をしている」などミルナーの状態を評価する声が多く上がっており、36歳になった今もトップコンディションと評価されているのが分かる。

先日にはクロップがミルナー引退説を否定していたが、まだまだプレイできるだろう。クラブとの契約は今季までだが、契約延長の可能性もある。それこそ40歳くらいまでプレイすることも不可能ではないはずで、まだまだ走り続けるミルナーの姿が見たいものだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ