柏レイソル離れて3年 韋駄天FW伊東純也は“ベルギー最高のウイング”の1人になった

アジア最終予選でもチームを引っ張る伊東純也 photo/Getty Images

2022年は伊東こそ日本サッカー界の主役だ

柏レイソルを離れて3年。日本代表FW伊東純也は、ベルギーの地で確固たる地位を築いた。今や所属するヘンク、そして日本代表で絶対的な主力であり、3月で29歳を迎える日本の韋駄天アタッカーは充実の時を過ごしている。

日本代表ではアジア最終予選における救世主となっているが、それはヘンクでも変わらない。加入から128試合こなし、26得点40アシストの成績を残しているのだ。ベルギー『Voetbalnieuws』も、伊東を「ベルギーリーグでは群を抜いて最高のウイングの1人」と絶賛する。

気になるのは今後のキャリアだろう。同メディアは同じヘンクでゴールを量産する27歳のナイジェリア代表FWポール・オヌアチュや、センターバックを務める23歳のジョン・ルクミなど、主力数名が今季終了後に他クラブへステップアップする可能性があると見ている。

成績では伊東も5大リーグ挑戦にふさわしいと言えるが、今のところ具体的なオファーはないという。柏を離れた時点で20代後半に入っていたことが影響しているのか、年齢的に5大リーグへのステップアップは簡単ではないのだろう。

ただ、今年はワールドカップがある。2018年にはワールドカップ・ロシア大会でも活躍したMF乾貴士が30歳でレアル・ベティスへ移籍したこともあり、伊東もワールドカップでのアピール次第では人気が上昇するかもしれない。

まずはワールドカップ出場権を確実にしたいところだが、カタールの地で伊東の爆発的な突破は世界を驚かせるのか。そのスピードだけでも世界に衝撃を与えられるはずで、2022年は伊東の1年となるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ