ルーニー仕込みの得点力をリヴァプールでも すでにトップでゴールも記録する超新星

シュルーズベリー戦で初得点を決めたゴードン photo/Getty Images

FAカップでは得点を記録したゴードン

今季のリヴァプールには、ハーヴェイ・エリオットを筆頭に多くの若い選手たちが台頭している。昨季多くの試合経験を得たカーティス・ジョーンズや、UEFAチャンピオンズリーグでスタメン出場したタイラー・モートンなど若き逸材がトップで存在感を発揮している。

そんなチームにおいて昨年ダービーから17歳でリヴァプールに加入し、今シーズンすでにトップチームで得点を記録している逸材がいる。昨年9月にトップへと昇格したカイデ・ゴードンだ。

カラバオカップのノリッジ戦でトップデビューを果たしたゴードン。FAカップのシュルーズベリー戦でトップでの初ゴールを記録すると、第22節のブレントフォード戦でプレミアでもデビューしており、今季彗星の如く現れたドリブラーだ。

卓越したテクニックとスピードで相手を手玉に取るウインガーは、シュート精度も高くパンチ力のあるキックを放つ。ダービー時代には、ウェイン・ルーニー監督の下でトップチームでのトレーニングにも参加。プレミアリーグ歴代2位の208ゴールを決めるエースストライカーだった指揮官の指導により、得点力もさらに向上したことだろう。それが早くからトップで結果を残したことにつながっている。プレミアと欧州で優勝を争うリヴァプールで輝く17歳の躍進に注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ