「2年後にはオランダのエース」 バイエルンから武者修行中のザークツィーが魅せる輝き

アンデルレヒトで奮闘するザークツィー photo/Getty Images

ベルギーで着実に結果を残す

2年後のEURO2024、あるいは今年のワールドカップ・カタール大会でもオランダ代表メンバーに入ってくるだろうか。

今ベルギー1部のアンデルレヒトで評価を高めているのがオランダ人FWジョシュア・ザークツィー(20)だ。

バイエルンからのレンタルでアンデルレヒトに加わっているザークツィーは、今節のメヘレン戦でも得点を記録して1-0勝利に貢献。ここまでザークツィーの成績はリーグ戦21試合で10得点6アシストとなっており、アンデルレヒトへのレンタル移籍は成功したと言っていい。
オランダ代表ではバルセロナFWメンフィス・デパイ、ヴォルフスブルクFWボウト・ベグホルスト、ドルトムントFWドニエル・マレンらが前線メンバーの常連だが、そこまで層が厚いわけではない。状況次第ではザークツィーにもチャンスが回ってくるかもしれない。

ベルギー『Voetbalzone』によれば、アンデルレヒトのサポーターからは「2年後にはオランダ代表のNo.1ストライカーになっているだろう」、「まだ精度には改善の余地があるが、彼はとんでもない才能を持っている」など、ザークツィーの能力を称賛する意見が出ている。

バイエルンでは未だにFWロベルト・レヴァンドフスキが絶対的な存在となっているため、ザークツィーのような若手がポジションを掴むのは難しいだろう。それでもザークツィーには確かなポテンシャルがあり、数年後にはバイエルンのようなビッグクラブでも1番手ストライカーになれるかもしれない。

今季ベルギーでどこまで数字を伸ばせるのか。バイエルンも若き大型ストライカーの奮闘を喜んでいることだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ