“プレミア史上最悪”チームになる? 開幕10試合で3ゴール未勝利軍団に光は見えぬ

プレミアの舞台で苦しむノリッジ photo/Getty Images

早くも諦めムード

ここまでプレミアリーグは10試合を消化したが、未勝利のチームが2つある。19位ニューカッスルと、最下位に沈むノリッジ・シティだ。

0勝というだけでも酷いが、最下位のノリッジは10試合で3得点25失点と攻守の内訳もすこぶる悪い。念願の昇格を勝ち取ったはいいが、早くもサポーターは諦めムードだろう。

あまりに希望の見えない展開に、英『Daily Mail』はプレミア史上最悪のチームになる可能性があると警告を発している。過去に類を見ないほどノリッジの成績は悪いのだ。

過去を振り返ると、2018-19シーズンのハダースフィールド・タウンも10試合消化時点で未勝利だった。初勝利は第11節のことで、結局は3勝でシーズンが終了。もちろん最下位だった。

もっと酷い成績では、2007-08シーズンのダービー・カウンティだ。

当時のダービーは6試合目で初勝利を挙げたが、何と白星はこの1つだけ。1勝8分29敗、20得点89失点という破滅的な成績で2部へ降格した。

ノリッジがここまで酷くなるかは分からないが、10試合消化時点で3得点はまずい。当時のダービーでも10試合消化時点では5得点奪っていた。

ノリッジは2019-20シーズンもプレミアで戦っていたが、当時は5勝しか挙げられず最下位に終わった。1シーズンで昇格したのはいいが、このままでは来季も2部での戦いになってしまう。

まずは初勝利が欲しい。次は同じ昇格組のブレントフォードが相手だ。好調とはいえ、相手も同じ昇格組。初勝利を挙げるならここしかない。

0勝でシーズンを終えるなんて不名誉なことは避けたいところで、週末は意地をかけた戦いとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ