使いどころがなくなった? トップ下廃止で“割を食った”鎌田大地

このままでは招集されない可能性も高い photo/Getty Images

システム変更の犠牲に

先日行われたワールドカップ・カタール大会に向けたアジア最終予選。日本代表はオーストラリアと対戦し、無事2-1で勝利を収めた。既にオマーンとサウジアラビアに負けていただけにここでの白星は大きいか。

そんな重要な試合を勝ち試合にすることが出来たのはやはり[4-3-3]への移行だろう。以前までの[4-2-3-1]は攻守共にちぐはぐであり、日本代表の強みが出ていなかった。が、並びを変更したことで縦に早いサッカーが戻り、白星を挙げている。11月のベトナム戦ではオーストラリア戦と同じ[4-3-3]で試合に臨むだろう。

しかし、フォーメーションの変更に伴いポジションを追われた選手がいる。MF鎌田大地だ。彼は主にトップ下の選手でスタートに名を連ねていたが、オーストラリア戦では出番がなかった。

この流れは今後も続くか。現状の日本代表ではインサイドハーフに田中碧と守田英正のようなスタミナがありつつ、守備も攻撃もある程度こなせる万能タイプが適役だ。その影響から山口蛍や稲垣祥を招集して欲しいとの声もある。サイドはスピードやドリブルで打開できるタイプが必要であり、右の伊東純也はまさにピッタリな選手だ。

もし、今後も継続して招集されるとすれば前線の一角での起用となるか。ドリブラーではないが、前線のフリーなスペースを見つけるのが得意な選手であり、大迫勇也が作ったタメを生かせるのは鎌田だ。現状では南野拓実がその役割を担っているが、鎌田に任せるのも悪くない。

トップ下の廃止で割を食った格好の鎌田。彼の代表への執着がどれほどあるか分からないが、今後は彼にとって向かい風は吹き続けることになりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ