2年連続の“デュエル王”もあるか 遠藤航の強さはブンデスを凌駕する?

昨季はデュエル勝利数でトップとなる photo/Getty Images

今季は主将を務める

昨季は1部に昇格したシュトゥットガルトを9位に躍進させた遠藤航。個人でもデュエル勝利数でトップに立つなど、大きく飛躍したシーズンとなった。

今季はキャプテンに就任するなど、チーム内でさらに強い責任を背負うこととなった。それでも昨季同様に高いパフォーマンスを見せている。

夏に東京オリンピックに出場し、すぐさまブンデスリーガ開幕戦に挑んだ遠藤。コンディションを不安視する声もあったが、今季のチーム第1号となるゴールを決めるなど、不安の声を一蹴する。

さらに注目されたのが、昨季リーグトップの成績を記録したデュエル勝利数だ。夏場も十分な休養はなくシーズンに入ったものの、プレイ強度は落ちず。勝利数も「78」を記録しておりRBライプツィヒのモハメド・シマカンと並んでトップに位置している(データはブンデスリーガ公式より)。

屈強なプレイヤーが多く存在するブンデスリーガで、2年連続の“デュエル王”となれば、日本人への評価もさらに上がってくるのではないか。今後も遠藤のパフォーマンスから目が離せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ