リーズ、ウルブズのようにダークホースとなれるか 昇格組ノリッジの挑戦

ノリッジのエースストライカーであるテーム・プッキ photo/Getty Images

昨季はリーズがリヴァプールと互角にやりあっている

8月に入り、開幕まであと少しとなったプレミアリーグ。巷では優勝候補や補強の話で持ち切りだが、21-22シーズンは昇格組に注目だ。

ここ数年でチャンピオンシップからプレミアに昇格してきたチームでウルブズやリーズは初年度からトップハーフに入るなど、その実力を証明して見せた。ウルブズに関しては、昇格してから3季連続でプレミアリーグを舞台に戦っており、次のシーズンで4季目となる。既に彼らはプレミア常連のチームになっている。

そんなプレミアで次にダークホースとなることが予想されるのはノリッジ・シティだ。降格から一年でプレミアに戻ってきたノリッジ。昨季は2部で97ポイントを獲得して優勝しており、強くなって戻ってきた。アストン・ヴィラにエミリアーノ・ブエンディアを引き抜かれてしまったが、ブレーメンからミロト・ラシカを獲得し、穴を埋めている。

その中でも特に期待されるのはFWテーム・プッキだ。2018年にドイツのシャルケからやってきたプッキは初年度から29ゴールと大暴れし、昨季も26ゴールと変わらず、得点を量産している。プレミア初挑戦となった一昨季も11ゴールと二桁得点を記録しており、チャンピオンシップ時代と比べると下がってしまったが、最下位で降格したチームの中で奮闘して見せた。この得点力は驚異的で21-22シーズンもノリッジの攻撃を引っ張る核となるだろう。

また、指揮官のダニエル・ファルケも就任してから5年目となっておりチームの熟成度は十分か、プッキと共に2回目のプレミア挑戦でどこまで戦えるのか。開幕戦はリヴァプールとなっており強豪相手だが、彼らの挑戦に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ