ミランを離れてブレイクする“4人” 目立つ活躍にミランの後悔は

ロカテッリもミランに所属していた photo/Getty Images

昨季は特にその活躍が目立った

昨季から今夏にかけて目立つのは、ミランを離れた選手たちの活躍だ。

例えば昨季フランクフルトでリーグ戦28ゴールと爆発したFWアンドレ・シウバだ。

アンドレ・シウバは2017年にミランへ加入したのだが、なかなか結果が出なかった。そこからセビージャ、フランクフルトにレンタル移籍し、2020年にフランクフルトへ完全移籍。

そして今夏にはライプツィヒへの移籍が決まり、ワールドクラスのアタッカー目指して成長中だ。今の活躍を見ると、ミランサポーターも寂しいか。

アンドレ・シウバも大人気プレイヤーに photo/Getty Images

ミランでは十分に輝けなかった

EURO2020を制したイタリア代表では、DFフランチェスコ・アチェルビ、MFマヌエル・ロカテッリ、MFブライアン・クリスタンテの3人がミランに所属していた過去を持っている。

アチェルビとロカテッリは共にサッスオーロで大きく伸びた選手で、ロカテッリには今夏のビッグクラブ移籍が噂されている。こちらもミランにとっては少しばかり複雑か。

クリスタンテもミランのアカデミーに在籍していた選手で、トップチームでもプレイした経験を持つ。

しかし2014年にはベンフィカへ移籍し、こちらは2018-19シーズンからローマでブレイク。イタリア代表でも貴重な中盤のバックアッパーとなっていた。

4人とも当時はミランで主力になれなかったが、今なら状況も違うだろう。ミランにも少しは後悔があるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ