シーズン“17得点”の輝きはどこへ消えた マンUで燻るNo.9の未来は

マンUで居場所を失いつつあるマルシャル photo/Getty Images

前線で動けぬストライカー

2019-20シーズンこそイングランド・プレミアリーグで驚異の17ゴールを奪ったにもかかわらず、昨季は評価を下げることとなってしまった男の未来はどうなるか。マンチェスター・ユナイテッドでFWアントニー・マルシャル(25)の立場が危うくなっている。

一昨季の得点量産で、ついに殻を破ったかのようにも思えたマルシャル。しかし、続く2020-21シーズンはリーグ戦22試合の出場でわずか4ゴールにとどまった。ストライカーとしての株は大きく下がってしまったといっていいだろう。

そんなマルシャルだが、なかでも問題視されているのは前線における動きの少なさだ。得点数が少ないことに加えて、彼は守備に奔走もしなければオフ・ザ・ボールの動きも鈍い。「ベテランで9番タイプのエディンソン・カバーニがあれほど動くのに、マルシャルは何をしているのかわからない」(英『DAILY STAR』)。昨今、現地ではこのように辛辣な意見もぶつけられている状況だ。

そういったなかで、クラブもマルシャルにはそろそろ見切りをつけるのか。英『Daily Mail』によると、マンUは同選手の売却プランを持っているという。パフォーマンスの低下に加え、リーグで9番目に高い週給(25万ポンド:約3800万円)を受け取っているとされるマルシャルだけに、クラブがそう考えるのも無理はないか。そんな同選手だが、現在はトッテナムなどが獲得に興味を抱いているという(週給額は英『Daily Mirror』より)。

一瞬の輝きは素晴らしいものの、マンUで不良債権化しつつあるNo.9。はたして、マルシャルはこれからどのようなキャリアを歩んでいくことになるのだろうか。もしかすると、赤い悪魔との別れは近づいているのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ