「ブンデスリーガ最高の1人」 長谷部誠に続く“中盤のボス”は完成した

日本代表でも欠かせぬ存在となった遠藤航 photo/Getty Images

守備力に加えてリーダーシップも評価

ここまでのプレイヤーに成長すると予想していた日本のファンはどれだけいただろうか。

ブンデスリーガのシュツットガルトは、日本代表MF遠藤航を新シーズンよりチームの主将に任命すると発表した。

遠藤はシュツットガルト移籍当初こそ出番を得られなかったが、昨季はチームの心臓として大ブレイク。デュエルで圧倒的な強さを発揮し、クラブと代表の両方で絶対的な地位を確立してみせた。

2016年のリオデジャネイロ五輪ではU-23日本代表の主将を務めるなどリーダーシップは若い頃より評価されていたが、遠藤がブンデスリーガでも通用する守備的MFになると想像していた人は多くなかったかもしれない。

今回の主将任命について『90min』は、「たった170万ユーロで獲得された遠藤は、今やシュツットガルトの絶対的なトップパフォーマーであり、中盤のボスだ。ブンデスリーガでも最高の選手の1人」と能力を絶賛している。

現在行われている東京五輪でも遠藤はオーバーエイジ枠で招集を受けており、その存在感は抜群だ。A代表でもリーダーになっていくはずで、ポジション的にも長谷部誠の後継者にふさわしい。遠藤のブレイクは来年のワールドカップ・カタール大会へ向け、日本にとって大きすぎるプラスとなるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ