大迫の後釜は徳島ヴォルティスFWで決まり? 垣田裕暉が持つポストプレイヤーとしてのポテンシャル

垣田は大迫の後釜となれるのか photo/Getty Images

素晴らしいFWだ

日本の代表戦が行われるたびに議題に挙がる大迫勇也の後釜問題。まだ31歳と現役の年齢だが、彼が怪我をしてしまえば代表は確実に戦力ダウンしてしまう。後釜候補として挙がるのは先日、ドイツのボーフムへ移籍が決まった浅野拓磨や、実力者であるベルギーのシントトロイデン所属の鈴木優磨、国内であれば横浜F・マリノスのオナイウ阿道が頭角を現している。3選手共に素晴らしい選手ではあるが、大迫ほどの存在感は見せられておらず、今後の活躍次第となっている。

そんな大迫問題を解決させられるかも知れない選手が国内に居る。徳島ヴォルティス所属のFW垣田裕暉だ。

大迫と同じく鹿島アントラーズ出身の垣田。現在はレンタルで徳島に在籍している。昨季はJ2ではあるが、17ゴールとチーム得点王の活躍でJ2優勝、J1昇格を決めた立役者である。今季は主力としての初のJ1挑戦となっているが、20節終了時で3得点と少し寂しい。

そんな23歳の武器はポストプレイで自身が持つ187cmの高身長を生かしたキープ力である。それはJ1の舞台でも通用しており、昨季とは違い前線で孤立することの多い今季だが、フィジカルの強さを生かしてボールをキープし、前線での起点となっている。また、キープ力だけでなく、そこからドリブル、パス、シュートと非常に選択肢が豊富な選手であり、まさに大迫の後釜にピッタリな選手である。

黒星となった27日のマリノス戦では1トップとして先発を果たした垣田。マリノスにボールを持たれ押し込まれる嫌な展開になるが、垣田の前線でのキープから攻撃を始めることが出来ていた。結果は0-1とあと一歩届かなかったが、特に51分のようなルーズな浮き球のパスをマイボールにしてくれる存在は大きい。

今季は苦戦気味だが、実力は確かな垣田。最近の代表の選考基準を見る限り、オナイウや古橋亨梧のようにまず得点が必要となる。今後は今よりもゴールを量産し、日本を代表するFWになることを期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ