待ちわびた小泉佳穂のレッズ移籍後初ゴール 攻撃の核となる男が結果でも存在感を示す

埼スタでのゴールにも期待だ(写真はイメージ) photo/Getty Images

今季FC琉球から浦和へ加入した小泉

浦和レッズはYBCルヴァンカップのプレイオフステージ第2戦でヴィッセル神戸と対戦。2-2と引き分け、2試合合計スコア4-3で勝ち抜けた。先制点を決めたのは浦和移籍後初ゴールとなった小泉佳穂だ。今季の浦和において絶対的な存在となっている彼がようやく得点で結果を残した。

歓喜の瞬間は相手のチャンスからだった。神戸はCKのこぼれ球から酒井高徳がシュートを狙おうとするも、空振りしてしまう。小泉は出足の良いボールカットから一気にカウンターを仕掛けるとキャスパー・ユンカーへとボールを渡す。GKと2対1の状態になるとユンカーは横にいた小泉にパスを出し、無人のゴールに蹴り込んだ。

好守においてチームの核となっている小泉を象徴するようなゴールだった。今季はトップ下やボランチでプレイし、最終ラインと前線をつなぐリンクマンを担ったり、攻撃のアクセントとなるパスを供給するなど活躍。小泉は攻撃のリズムをつくっており、すでに欠かせない存在となっている。

身体は大きくないものの、守備は敏捷性を活かして素早くボールをカット。今試合での得点は、その守備から起点となってゴールが生まれた。ユンカーも自身の実力があれば、あの場面を決めることは難しくないだろう。しかし最後まで得点機を狙い続けた小泉へパスを出し、チームとしての雰囲気の良さもうかがえる得点だった。

リカルドのスタイルには不可欠な小泉。唯一足りなかったゴールをようやく決めることができた。次に狙うはJ1初ゴールだろう。リーグ後半戦、浦和の逆襲の中心にいるのは小泉だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ