レッズをルヴァン杯ベスト8へ導く一発 ユンカーの持ち味が凝縮された勝ち越し弾

デビューから得点を量産するユンカー photo/Getty Images

ヴィッセル神戸に2試合合計4-3で勝利

キャスパー・ユンカーの勢いが止まらない。YBCルヴァンカップのプレイオフステージでヴィッセル神戸と対戦した浦和レッズは、2ゴールを奪って勝ち抜けを決めた。貴重な2点目を記録したユンカーは、これで浦和移籍後公式戦9試合で8ゴールとなった。

ユンカーの特長が凝縮されたようなゴールだった。神戸に攻め込まれるものの、宇賀神友弥がユンカーをめがけてクリアする。ロングボールに反応したユンカーは相手よりも後ろにいるにも関わらず、スピード勝負に勝つ。さらに相手を抜き去るタイミングでDFに身体を当てられるも、倒れずに相手の前へ出た。GKと1対1になったユンカーは、前に出ていた前川黛也の位置を確認し、ループシュートでゴールネットを揺らした。ユンカーの速さと強さ、そしてゴール前での上手さと特長がすべて出たゴールだったといえる。

またゴールシーンの1つ前で同じように裏へ抜け出してGKとの1対1となった。しかし、そのシーンでゴールネットを揺らすことはできず。すぐさま同じ形で結果を残す彼のメンタルの強さも、得点量産の秘訣だろう。

ユンカーは4日前の天皇杯2回戦でも決勝点を決めており、加入後1か月で日本の三大大会すべてで得点を記録する。彼の得点能力はすぐさまチームの武器になっている。ユンカーがゴールを量産し続ければ、リカルド・ロドリゲス監督の初タイトルも見えてくる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ