バロンドール獲るべきだった“司令塔” 驚異的だった10年前のパフォーマンス

オランダ代表で長く活躍したスナイデル photo/Getty Images

輝いた期間はあまり長くなかったが……

6月9日、1人の偉大なる司令塔が誕生日を迎えた。

37歳を迎えた元オランダ代表MFウェズレイ・スナイデルだ。

引退後は激太りした姿などが注目を集めたが、現役時代のスナイデルは特別な才能を持った選手だった。全盛期は少々短かったが、ワールドクラスの才能の持ち主だったのは間違いない。

最も注目されるのは2009-10シーズンだ。スナイデルはレアル・マドリードに在籍していたが、2009年夏にチームは大型補強を敢行。カカー、クリスティアーノ・ロナウドらが加入し、スナイデルは押し出される形でインテルへ移籍することになった。移籍金は僅か1500万ユーロで、スナイデルにとっては屈辱的な出来事だった。

ところが、この動きがスナイデルのキャリアを変えた。インテルではジョゼ・モウリーニョの下で絶対的な存在となり、いきなり3冠を達成。このシーズンがスナイデルにとってベストシーズンだったのは間違いない。

しかもシーズン終了後に行われたワールドカップ・南アフリカ大会ではオランダ代表の決勝進出に貢献。惜しくも決勝ではスペイン代表に敗れたが、あの1年はスナイデルが主役だったと言っても大袈裟ではない。

英『Planet Football』は過去のスナイデルの発言を取り上げているが、2019年にはこのように語っている。

「未だに2010年のバロンドールは私が獲得すべきだったと周囲に言われるよ」

3冠、ワールドカップ準優勝とくればバロンドールには十分に思えるが、その年のバロンドールはリオネル・メッシが獲得している。この結果に納得できないサッカーファンもいただろう。

それでもスナイデルの評価が落ちることはない。2015年には、英『The Telegraph』にてモウリーニョは「私にとって最高の10番? デコとスナイデルだ。2人とも守備が上手いし、ボックスに入ってフィニッシュもこなせるからね」と称賛している。

まだオランダにスナイデル級の司令塔は生まれていない。ロビン・ファン・ペルシーやアリエン・ロッベンを巧みなパスで操るスナイデルの姿は、今も世界のサッカーファンの脳裏に焼き付いていることだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ