ヒメネスの後を継ぐ男 牙を研ぐ18歳の若き狼

着実に経験を積んでいるシウバ photo/Getty Images

着実に成長しているシウバ

チームのエースであるラウール・ヒメネスを怪我で失ったウォルバーハンプトン・ワンダラーズFC。彼の離脱の影響はあまりにも大きく、シーズン終盤である36節を終了した現在でのチーム得点王は、5ゴールのペドロ・ネト。10節に怪我を負ったヒメネスは4ゴールとなっており、ストライカー不在の影響が数字にも出ている。そんなエースストライカーの代わりにセンターフォワードとしてピッチに立っているのがファビオ・シウバだ。

FCポルト出身のシウバはポルトガルの世代別代表に選ばれているエリートで、今季18歳の若さでクラブレコード更新となる移籍金でウルブズに移籍を果たしている。ここまであまり出番はないが、4ゴールとチーム内で2番目の得点を挙げており、ヒメネスの後任を任せたい選手の一人である。

直近の3試合で先発出場を果たしているシウバは16日に行われたトッテナム戦でも先発を果たした。ポジションは[4-2-3-1]の最前線である9番のポジションだ。この日はチームで最多となる7本のシュートを放っており、加入直後に比べて積極性が増してきているためよい兆候であると言える。しかし、枠内へのシュートが1本と精度の部分は改善が必要となりそうだ。

それでも、積極的な守備やゴール前でフリーになる動きなど、加入直後とは段違いに良くなっている。18歳との年齢を考えれば今後に期待できる選手だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ