注目集まるトッテナムの来季監督は? プレミア実績十分な有力候補とは

チェルシーでプレミア制覇を経験している photo/Getty Images

ナーゲルスマン監督が候補に挙がるもバイエルンへ

ジョゼ・モウリーニョ監督を解任し、現在はライアン・メイソンが指揮を執るトッテナム。来季は新しい監督を招へいする可能性が高く複数人の監督候補に噂が立っている。来季、トッテナムを率いる人材は誰になるのか。

当初候補に挙がっていたのは、ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマンだった。昨季チームをUEFAチャンピオンズリーグベスト4へ導いた33歳の指揮官は、早々から候補の1人と数えられる。しかし、ナーゲルスマンはバイエルンへの監督就任が決定し、トッテナムの可能性はなくなった。

ナーゲルスマンと同時期に候補に挙がっていたのが、ブレンダン・ロジャーズ監督だ。現在レスターを率いるロジャーズの引き抜き策も計画されているようだが、同監督が指揮を執るレスターは現在プレミアリーグ3位とCL出場圏内を確保している。トッテナムからすると魅力的ではあるものの、欧州大会への出場が決まらない限りは現実的には厳しいだろう。

そこで新たな候補として挙げたいのが、アントニオ・コンテ監督だ。インテルを率いるコンテ氏は、今季チームを11年ぶりのリーグ制覇に導く。またプレミアリーグでも過去にチェルシーを率いてリーグ制覇や、FAカップなど複数タイトルを獲得と実績は十分。再起を図るチームには打ってつけの人材だが、ロジャーズ監督同様にインテルでは来季もCLへ出場できる。早期敗退を喫した今季のリベンジも果たしたい。その点を考えるとトッテナムへの就任の可能性は大きくはないかもしれない。

ただイタリア紙『Gazzetta dello Sport』では、トッテナムがすでにコンテ氏に交渉していると報じており、具体的な話もしていると伝えている。本人次第ではあるものの、動向には注目だ。

また現在フリーでプレミアリーグで実績がある監督として候補に挙げたいのが、過去にリヴァプールやチェルシーで指揮を執ったラファエル・ベニテス氏だ。同氏は今年1月に中国の大連一方足球倶楽部の監督を退任。その後すぐにセルティックの監督就任の噂が出ているものの、いまだ正式には決まっていない。状況次第では可能性の1人としてオファーを出すかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ