リーガに“悪夢の時代”はくるのか バルサ&レアルはもうCL優勝候補に挙がらない

PSGに敗れ、肩を落とすメッシ photo/Getty Images

2020年代前半は我慢の時か

時代にはいつか終わりがくるものだが、スペイン勢にとって2020年代前半はかなり苦いものとなるかもしれない。2強と呼ばれてきたバルセロナ、レアル・マドリードの力が明らかに落ちてきているのだ。

今季もチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦では、バルセロナがパリ・サンジェルマンに1stレグで1-4と完敗を喫した。2ndレグで盛り返す可能性もあるが、攻守ともに不安定なのは間違いない。以前ほどの強さはなく、パリ・サンジェルマンに大逆転勝利を収めた場合でもバルセロナを優勝候補には挙げられないだろう。

一方のレアルは2010年代に大会を3連覇するなど歴史を作ったが、クリスティアーノ・ロナウドの退団から攻撃力は大幅に低下。後釜候補だったエデン・アザールも怪我続きで、相変わらずカリム・ベンゼマ頼みだ。1回戦ではアタランタと対戦するが、もはや攻撃力ではセリエA2位の53得点をマークするアタランタの方が上かもしれない。ここでレアルが消える可能性も十分に考えられる。

レアルにも以前ほどの力はない photo/Getty Images

バルサはメッシを失えばさらなる危機に

バルセロナの場合はこれからリオネル・メッシの穴埋めという重大なミッションが待ち受けており、メッシは近いうちにバルセロナを離れると予想されている。ロナウドの穴埋めにレアルが苦戦しているように、メッシ退団とともにバルセロナのさらなる迷走が始まるかもしれない。ディフェンスリーダーのジェラール・ピケの後継者問題も気にかかる。

レアルは若手育成路線も取っていたが、失敗の印象が強い。今夏にもドルトムントFWアーリング・ハーランド、パリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペら大物の若手を補強する案が出ており、やはり大金を投じなければロナウドの穴は埋まらないか。

このままスペインの2強は沈没してしまうのか。今ではチャンピオンズリーグの優勝候補に推す声も少なくなり、欧州における勢力図が大きく変わろうとしている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ