白熱必至のミラノダービーは“プレッシング合戦”に? 注目すべきマッチアップは

今季のインテルは、ラウタロ・マルティネス(中央)とロメル・ルカクの2トップを起点とするハイプレスが機能。ミラン相手にもこの守備が通用するだろうか photo/Getty Images 

注目の首位攻防戦を制するのは

2020-21シーズンのセリエA22試合消化時点で首位のインテル(勝ち点50)と、2位ミラン(勝ち点49)による首位攻防戦が、日本時間の21日に行われる。久方ぶりにこの両雄がリーグ優勝を争っていることもあり、今回のミラノダービーは近年稀に見る死闘となりそうだ。

[3-1-4-2]を基本布陣としている今季のインテルのストロングポイントは、徹底したハイプレス。同クラブは今季のセリエA22試合消化時点で、アタッキングサードにおける相手選手へのプレスを746回記録しているが、これは同リーグ全20チーム中3番目に多い数値(データは『FBref.com』より)。今回の天王山でも、ラウタロ・マルティネスとロメル・ルカクの2トップを起点とするハイプレスで、試合の主導権を握りにかかるだろう。

ここで注目すべきは、[4-2-3-1]を基本布陣としているミランの2センターバックと2ボランチが、インテルのハイプレスを掻い潜れるかという点。アレッシオ・ロマニョーリとシモン・ケアーの2センターバックが、配球力やドリブル突破力が高いフランク・ケシエ、サンドロ・トナーリといったボランチの面々へ正確なパスを供給できれば、試合を優位に進めることができるだろう。インテルの2トップを起点とするハイプレスと、ミランの2センターバックや2ボランチを中心とするパスワークのどちらが勝るか。この点は見物だ。

また、インテルの自陣からのパスワークを司っているアンカーのマルセロ・ブロゾビッチや、独力でボールを運べるミラン・シュクリニアル、ステファン・デ・フライ、アレッサンドロ・バストーニの3センターバックに対し、ミランとしてはしっかりプレスをかけたいところ。最前線のズラタン・イブラヒモビッチと両サイドハーフの3人で相手の3バックを、トップ下のハカン・チャルハノールがブロゾビッチを監視するという形を絶えず作れば、インテルのビルドアップを手詰まりにできるはず。両チームとも守備隊形がコンパクトで、前線からの連動したプレスが特長なだけに、どちらがプレッシングの強度で相手を上回るかも注目ポイントだ。


ミラン×インテル(セリエA第23節)

日本時間 2月21日(日) 23:00 キックオフ


【予想スターティングメンバー】

ミラン

GK    99   ジャンルイジ・ドンナルンマ
DF 2      ダビデ・カラブリア
DF    24 シモン・ケアー
DF    13 アレッシオ・ロマニョーリ
DF    19    テオ・エルナンデス
MF 8  サンドロ・トナーリ
MF   79    フランク・ケシエ
MF   56    アレクシス・サレマーカーズ
MF   12 アンテ・レビッチ 
MF   10 ハカン・チャルハノール 
FW   11 ズラタン・イブラヒモビッチ 


インテル

GK 1 サミール・ハンダノビッチ
DF 37  ミラン・シュクリニアル
DF 6  ステファン・デ・フライ
DF 95  アレッサンドロ・バストーニ 
MF    77  マルセロ・ブロゾビッチ
MF    2  アクラフ・ハキミ
MF    23  ニコロ・バレッラ 
MF    24  クリスティアン・エリクセン
MF    14  イヴァン・ペリシッチ 
FW    9  ロメル・ルカク
FW   10  ラウタロ・マルティネス

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ