38歳・川島永嗣の“大逆襲”はあるのか 仏で挑む森保監督へのアピール

長く日本代表を支えてきた川島 photo/Getty Images

リーグ戦で2試合連続出場

新型コロナウイルスの影響もあって海外組オンリーで構成した10月、11月の日本代表メンバーでは、GKにポルティモネンセ(ポルトガル)所属の権田修一、シント・トロイデン(ベルギー)所属のシュミット・ダニエル、そしてストラスブール(フランス)所属の川島永嗣が召集された。

現時点でこの3人に序列をつけるなら、1番手は権田かシュミット・ダニエルだ。日本代表を率いる森保一監督は10月と11月の代表戦でこの2人を交互に先発起用しており、川島には出番を与えなかった。川島が3番手となっていたのは間違いない。

しかし、状況を変えることは可能だ。川島は所属するストラスブールでほとんど出番がなかったが、22日のモンペリエ戦と27日のレンヌ戦では2試合続けてスタメンを任された。これで早くも今季リーグ戦4試合目の出場だ。

昨季はストラスブールで出場ゼロ、2018-19シーズンも最終節のナント戦のみの出場だったことを考えると、再びリーグ・アンで経験を積むことが出来ているのは大きい。

リーグのレベルで言うならば、フランスのリーグ・アンは権田がプレイしているポルトガルやシュミット・ダニエルがプレイしているベルギーより上と考えていい。川島がリーグ・アンである程度出番を確保できるならば、森保ジャパンにおける序列が再び変わることもあるかもしれない。

38歳にはなったものの、2010年から3大会続けてワールドカップに出場している川島の経験値は他の日本人GKが持っていないものだ。川島も代表でのポジションを諦めてはいないはずで、2022カタール大会へさらなるアピールが出来るのか注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ