ネットを突き破る勢いのFK サネッティが忘れられない“怪物レフティー”の一撃[映像アリ]

インテルでプレイしていたアドリアーノ photo/Getty Images

世界を代表するレフティーモンスター

現在のインテルではFWロメル・ルカクが活躍しているが、ルカクは現代サッカーを代表するパワー自慢だ。191cmのサイズを誇り、その馬力溢れるプレイは相手センターバックを恐怖させている。

しかしインテルには過去にもパワー自慢のストライカーがいた。現在クラブの副会長を務めるハビエル・サネッティ氏が今でも忘れられないのは元ブラジル代表FWアドリアーノだ。

ルカクとは少し異なるタイプのストライカーだが、アドリアーノの左足はサッカー史に残る強さがあった。全盛期の輝きは特別で、インテルではセリエAを4回、コッパ・イタリアを2回制するなど多くのタイトルを獲得した。

『ESPN』によると、サネッティ氏はアドリアーノのプレイの中でも2001年に行われたレアル・マドリード相手のプレシーズンマッチで決めたフリーキックが忘れられないという。

近距離から決めたアドリアーノのフリーキックはゴールネットを突き破るのではと思わせるほどの勢いがあり、あれを止められるGKはこの世に存在しないだろう。

「アドリアーノがインテルに来た時、彼はベストな状態だったと思う。彼は特大のパワーを備えたストライカーで、ベルナベウで決めた彼のフリーキックを覚えている。非常に強烈なシュートだったからね。彼は手強いストライカーで、チームにとっても素晴らしい仲間だった。ピッチの中と外で素晴らしい時を共有した」

アドリアーノの全盛期は決して長くはなかったが、サッカーファンに強烈なインパクトを与えた選手だった。その記憶は今後も消えないだろう。



記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ