名将の力で“26戦16ゴール”の大爆発 若きストライカーがド派手な覚醒

エヴァートンのキャルバート・ルーウィン photo/Getty Images

得点力が一気に開花

突然何があったのだろうか。名将カルロ・アンチェロッティの下で、突如覚醒したストライカーが大きな話題を呼んでいる。

9月30日のリーグ・カップ4回戦でウェストハム相手にハットトリックを記録したエヴァートンFWドミニク・キャルバート・ルーウィンである。

キャルバート・ルーウィンがハットトリックを達成するのは、19日のWBA戦に続いて早くも今季2回目だ。

WBA戦を含めリーグ戦の方では3試合連続得点をマークしており、キャルバート・ルーウィンこそプレミア開幕直後最大のサプライズプレイヤーと言えよう。

興味深いのは、アンチェロッティ就任後の急成長だ。

アンチェロッティは昨季途中の12月21日にエヴァートンの指揮官に就任したが、キャルバート・ルーウィンはそこからリーグ戦の残り試合で8得点を記録。

今季の成績も含めると、アンチェロッティの下では26試合に出場して16得点とかなりハイペースで得点を積み重ねているのだ。

前任のマルコ・シウバの下では54試合に出場して13得点止まりだったのだが、アンチェロッティがキャルバート・ルーウィンに魔法をかけたということだろうか。

今夏にはアンチェロッティがレアル・マドリードで指導してきたチャンスメイカーのハメス・ロドリゲスも加わったため、キャルバート・ルーウィンら前線のプレイヤーにチャンスボールが飛んでくる可能性は高くなっている。

昨季のキャルバート・ルーウィンはリーグ戦13得点でフィニッシュしていたが、今季は早くも5得点。一気に数字を伸ばしてリーグ戦20得点を達成したいところで、イングランド世代別代表でプレイしてきた23歳のキャルバート・ルーウィンにとって今季は特別なシーズンとなるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ