人気株クリバリの滑り込み移籍はあるのか ナポリSDが去就について口を開く

今夏の移籍市場でも様々な噂が飛び交ったが

ナポリのスポーツデイレクターを務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏が、今夏の去就に注目が集まっているセネガル代表DFカリドゥ・クリバリについて語っている。

2014年夏にナポリへ加入して以降、チームの守備の要として活躍してきた現在29歳のクリバリ。デュエルや空中戦の強さといった守備面だけでなく、足元の技術やビルドアップ能力にも長けており、今や欧州を代表するセンターバックとなっている。そのため、以前から多くのビッグクラブがクリバリに対してラブコールを送ってきた。しかし、同選手はナポリ愛を貫き、チームにとどまってきた。

そして、今夏の移籍市場でもクリバリの争奪戦が勃発。マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、リヴァプール、パリ・サンジェルマンなどへの移籍が噂されていた。そんな中、先日、クリバリとマンCが個人合意に至り、移籍が迫っているといくつかのメディアが報道。クラブ間合意を残すのみであることが伝えられていたが、交渉は難航しているようで、いまだ契約締結には至っていない。また、ナポリとの取引が複雑なため、マンCはクリバリから手を引いたとの噂もあるほどだ。

こういった状況もあり、ジュントーリSDが伊『sky sport』のインタビューに応じた際、クリバリの去就に関する質問が飛んだ。すると、同氏は「移籍市場はもう1週間残されている。我々のチームは1月にスタニスラフ・ロボツカとディエゴ・デンメを獲得することで完成した。アミル・ラフマニ、ビクター・オシムヘン、アンドレア・ペターニャも揃ったので、ピッチであまりプレイできていない選手を解放しようと思う」と明かしながらも「クリバリはチームに残ると思う。我々はとても幸せだ。彼もそうだと思うね。彼はとどまるよ」と口にしている。

開幕戦から2試合連続でフル出場を果たし、連続完封勝利に貢献しているクリバリ。セリエAの移籍期限は10月5日までとなっているが、同選手の滑り込みでの移籍はどうやらなさそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ