ハメスらを超える衝撃 ドリブル11回、タックル5回成功の“モンスターFW”

エヴァートンのリシャルリソン photo/Getty Images

今季の大ブレイク候補

今季のエヴァートンでは、どうしても中盤の新戦力3名に話題が集中する。レアル・マドリードから獲得したMFハメス・ロドリゲス、ナポリから獲得したアラン、ワトフォードから獲得したアブドゥライエ・ドゥクレと、彼らは目玉新戦力だ。

開幕節のトッテナム戦では3人とも先発して1-0の勝利に貢献していたが、注目すべきはこの3人だけではない。ゴールこそなかったものの、トッテナム戦で圧巻のパフォーマンスを披露していた者がいるのだ。

フル出場したFWリシャルリソンだ。セレソンにも選ばれているリシャルリソンは、2018-19シーズン、2019-20シーズンと2シーズン続けてプレミアリーグで13得点を記録しているアタッカーで、エヴァートンの攻撃ユニットでは中心選手だ。

指揮官カルロ・アンチェロッティもその能力を高く評価しており、昨季の2倍ほど得点数を増やしてほしいなんてリクエストまである。

そのリシャルリソンは開幕節のトッテナム戦からエンジン全開で、何と11回ものドリブルを成功させている。シュートも7本打っており、かなり積極的な姿勢だったことが分かる。

しかもリシャルリソンの凄いところは、アタッカーながら守備面の貢献度も高いところだ。このゲームではチームトップとなる5回のタックル成功に加え、こちらもトップとなる12回のボールリカバリー、22回のデュエル勝利数を記録している。

得点はなかったが、データサイト『WhoScored』はリシャルリソンに両チーム合わせてダントツとなる9.18点もの評価を与えている。8点台の選手すら1人もいないため、いかにリシャルリソンが高く評価されているかが分かる。

ハメスが作るチャンスを仕留めるのがリシャルリソン、ドミニク・キャルバート・ルーウィンらの仕事となる。リシャルリソンにも今季はチャンスが増えるはずで、まずは20得点を目指したいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ