「まだアーセナルでやれる」 アジアでリトル・マジシャンが早くも無双状態

アル・サッドでも活躍するカソルラ photo/Getty Images

欧州五大リーグでプレイできたか

35歳とはいえ、スペインが誇るテクニシャンにとってアジアの戦いは簡単すぎたのだろうか。

今夏にビジャレアルを離れ、カタールのアル・サッドに移籍したMFサンティ・カソルラがさっそく止められない状態になっている。

カタールの方は2020-21シーズンがスタートし、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)も14日より西地区の戦いが再開した。カソルラはそこで4試合5得点と圧巻のパフォーマンスを披露しているのだ。

PKによる得点もあるものの、アル・アハリ戦、アル・ホライティヤット戦、アル・スィーリーヤ戦、ACLのアル・アイン戦で得点とカソルラは手がつけられない。昨季もビジャレアルでハイレベルなプレイを見せていたが、おそらくはまだ欧州五大リーグでプレイできるはずだ。

米『Bleacher Report』はカソルラの活躍を喜ぶファンの声を取り上げているが、中にはアーセナルサポーターからの意見も目立つ。カソルラはアーセナルで6年間プレイしていたため、今でもカソルラのことを気に入っているサポーターは多いのだ。

「リトルマジシャンにとってこのリーグは簡単すぎる」

「アーセナルに彼を戻したい。まだアーセナルで多くのことをやる能力がある」

「今のチェルシーの中盤にも入れる」

今夏にビジャレアルはレアル・マドリードからMF久保建英をレンタルで獲得するなど、カソルラ退団の穴を埋めようとしている。久保にもチャンスメイクの仕事が求められることになるが、チームでカソルラの穴を埋めていくのは非常に厳しい仕事となりそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ