なぜ久保建英が“40名”にも残れない? ゴールデンボーイ賞の候補に疑問も

ビジャレアルにレンタル移籍した久保 photo/Getty Images

マジョルカでの活躍は見事だったが……

伊『TuttoSport』が主催する「ゴールデンボーイ賞」とは、欧州でプレイする最優秀若手選手に贈られる個人タイトルだ。

21歳以下の選手に贈られるこのタイトルは、過去にウェイン・ルーニーやリオネル・メッシ、マリオ・ゲッツェ、ポール・ポグバらが獲得しており、2019年は現アトレティコ・マドリードFWジョアン・フェリックスが受賞するなど、若手にとって登竜門ともいえるタイトルだ。

8月に発表された今年の候補者60名には昨季マジョルカで活躍した久保建英も選ばれていたのだが、今月15日に発表された40名の候補者には久保の名前がなかった。

有力候補とされるバイエルンDFアルフォンソ・デイビス、バルセロナFWアンス・ファティ、ドルトムントFWジェイドン・サンチョ、FWアーリング・ハーランド、マンチェスター・ユナイテッドFWメイソン・グリーンウッド、マンチェスター・シティMFフィル・フォデン、レアル・マドリードFWヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ・ゴエスなど錚々たるメンバーが40名に入っているのだが、ここに久保は残ることができなかったのだ。

まだ彼らとは差があるとの評価なのかもしれないが、スペイン『Defensa Central』はこの結果に疑問を抱いている。

レアルからレンタル移籍に出ている選手では、ドルトムントにレンタル移籍しているMFレイニエル・ジェズスも40名の候補から外れている。同メディアはこの判断こそ納得しているが、久保の脱落には納得していないのだ。

久保は昨季マジョルカで壮大なシーズンを過ごしたと評価されており、40名の候補には残るべきだったとの考えだ。マジョルカは降格してしまったものの、久保個人の働きはもっと評価されるべきだったかもしれない。

この40名にはウォルバーハンプトンに移籍したFWファビオ・シウバ、サンテティエンヌMFアディル・アウシシュ、マルセイユFWマルレー・アケ、ニースFWアミーヌ・グイリ、リヴァプールDFネコ・ウィリアムズらも残っているが、彼らが昨季の久保よりハイパフォーマンスを披露したかと問われれば微妙なところだろう。

19歳の久保にはまだ同賞を狙うチャンスが残されているが、今季レンタル先のビジャレアルで評価をさらに伸ばせるのか。個人タイトルにこだわりすぎる必要はないが、久保ならばゴールデンボーイ賞を狙うチャンスもあるはず。今季のさらなるハイパフォーマンスに期待だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ