35歳で“2度目”の大ブレイク バレンシア離れて8年後に見せる輝き

リーズのパブロ・エルナンデス photo/Getty Images

名門を1部復帰へ導いた

スペインのバレンシアで活躍してから8年。少し特殊なキャリアを歩んでいた選手がイングランド・プレミアリーグの舞台へやってくる。

プレミア昇格を決めたリーズ・ユナイテッドの中でも1、2を争う注目を集めている35歳のスペイン人FWパブロ・エルナンデスだ。

パブロ・エルナンデスといえばバレンシアで100試合以上に出場したアタッカーで、スペイン代表に選ばれた経験もある。バレンシア時代のパブロ・エルナンデスを知っているサッカーファンは多いだろう。

パブロ・エルナンデスは2012年にバレンシアを退団。そこからスウォンジーに加入し、2014年からはカタールのアル・アラビでプレイしている。この時にパブロ・エルナンデスがどこでプレイしているか分からなくなったサッカーファンもいるだろう。パブロ・エルナンデスは欧州五大リーグから姿を消したのだ。

2015-16シーズンにはレンタルの形でスペインのラージョ・バジェカーノへ加わったが、2016-17シーズンからはイングランド2部に所属していたリーズへ移籍。リーズを1部復帰へ導くプロジェクトに関わることになった。

この時点で31歳を迎えており、パブロ・エルナンデスのキャリアは下降線を辿るかと思われた。ところがリーズではクラブ年間最優秀選手賞に選ばれるなど大ブレイク。1部昇格の原動力となり、昨季もリーグ戦で9得点を記録した。

英『sky Sports』によると、スウォンジーでもコーチの立場からパブロ・エルナンデスを見ていたペップ・クロテートは、パブロ・エルナンデスを1部でプレイすべき選手だと紹介している。30代に入ってからも実力は高く評価されているのだ。

「パブロはプレミアリーグの選手だ。彼にはまだ能力がある。彼は多くの経験をチームに加える重要な存在となるだろう。パブロがプレミアリーグでもリーズにとって主要な役割を果たせると確信しているよ」

プレミアへ戻るまでに4年かかったが、パブロ・エルナンデスはプレミアの舞台でもサポーターに夢を届けることができるのか。35歳にして2度目のブレイクを迎えている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ