10年後のアメリカ代表は強くなる 夢を見せる“2人”のヤングスター

ドルトムントで活躍するレイナ photo/Getty Images

2026W杯は1つのターゲットになる

ブンデスリーガを中心に、今アメリカサッカー界から続々と優秀な若手選手が欧州へやってきている。

最も有名な存在はチェルシーFWクリスティアン・プリシッチで、今後しばらくはアメリカ代表のエースとして君臨することになるだろう。

そのプリシッチの背中を追うのが、ドルトムントでチャンスを掴みつつある17歳のMFジョバンニ・レイナだ。

プリシッチと同じく10代でドルトムントに才能を認められたレイナは、すでにトップレベルで通用するだけの技術を備えている。

17歳のレイナ、21歳のプリシッチがフットボーラーとして全盛期を迎えた時、アメリカ代表はワールドカップでも上位を狙うことができるかもしれない。

米『ESPN』によると、レイナも先輩のプリシッチと10年近くタッグを続けるビジョンを描いている。

「もし僕とクリスティアンが一緒にプレイするなら、次の10年か15年は非常にエキサイティングだよ」

年齢的には10年以上一緒にプレイすることも可能だろう。10年経ってもプリシッチは31歳だ。

他にもライプツィヒで活躍する21歳MFタイラー・アダムス、シャルケの21歳MFウェストン・マッケニー、アヤックスの19歳DFセルジーノ・デスト、ブレーメンの20歳FWジョシュ・サージェントなど、今のアメリカには楽しみな若手が多い。

まずターゲットにしたいのは2026年にカナダ、メキシコ、アメリカの共同開催が予定されているワールドカップか。レイナもその頃には23歳を迎えており、ワールドクラスのアタッカーとの評価を確立しているかもしれない。

ホームの声援を背に、ベスト4くらいは狙ってみたいところだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ