アーセナルに戻ってきてくれるのが理想? やっぱり欲しい“大型ストライカー”

チェルシーで活躍するジルー photo/Getty Images

高さとパワーのオプションは不足している

ピエール・エメリク・オバメヤン、ガブリエウ・マルティネッリ、ブカヨ・サカ、ニコラ・ペペなどアーセナルには優秀なアタッカーが複数揃っているが、攻撃面で足りないオプションもある。

それはパワーと高さだ。今のアーセナルにはパワーで勝負するタイプのセンターフォワードが不足している。

スタメンに必要かは微妙なところだが、ビハインドの時などゲームの流れを変える目的で大型ストライカーを投入できれば面白い。そうしたオプションがあってもいいかもしれない。

指揮官ミケル・アルテタにもその考えがあるのか、伊『Calciomercaato』はナポリFWアンドレア・ペターニャにアーセナルが関心を示していると伝えている。

ペターニャは今季ナポリからレンタルの形でSPALに残ってプレイを続けていたセンターフォワードで、188cmのサイズを誇る。セリエAでも今季は12得点を記録しており、実績もある25歳の点取り屋だ。

ペターニャのようなセンターフォワードがオプションとして控えているのも面白いが、アーセナルサポーターにとってペターニャはどう映るのか。

英『HITC』によれば、チェルシーへ移籍したFWオリヴィエ・ジルーに戻ってきてほしいとの意見も出ているという。

「チェルシーからジルーを買い戻した方が良いかもしれない」

「ペターニャはジルーの劣化版だ。欧州で最も遅いFWの1人だ」

同じ大型ストライカーでも、やはりジルーのインパクトはアーセナルサポーターの心から消えていないのだろう。ジルーのようなFWがいればと考えているサポーターも多いか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ