CL出れぬアーセナルへは行ってほしくない? 人気のアトレティコMFへの本音

アトレティコのパルティ photo/Getty Images

ガーナ代表監督が思うCLの重要性

中盤の補強を目指しているアーセナルは、アトレティコ・マドリードMFトーマス・パルティがターゲットになっていると言われてきた。

攻守両面で貢献できるダイナミックなパルティはアーセナルにとって大きなプラスとなるが、パルティのキャリアにおいてアーセナル行きは正しい選択なのだろうか。

中にはパルティにはアーセナルへ行ってほしくないと考える者もいるだろう。なぜならアーセナルがチャンピオンズリーグ出場権を獲得できていないからだ。

アトレティコは今季もリーガ・エスパニョーラを3位で終えており、アトレティコにいる限りは毎シーズンのように欧州最高峰の舞台を経験することができる。これは貴重な財産だ。

英『Daily Mail』によると、ガーナ代表でパルティを指導するチャールズ・アコナーもアトレティコに留まった方がいいとのアドバイスを送っている。

「正直、彼にアーセナルへ行ってほしくはない。なぜなら、アトレティコにいれば彼は常にチャンピオンズリーグの舞台でプレイできるからだ。彼のポジションは保証されており、常にプレイできるだろう。アーセナルではその確信が持てない。これを言うとアーセナルファンは怒るだろうがね」

チャンピオンズリーグの出場権を持っているかどうかは、クラブの補強策に大きな影響を与えることになる。選手もチャンピオンズリーグでのプレイを求める者が多い。

近年のアーセナルの成績を考えれば、大物プレイヤーたちの引き抜きは難しいかもしれない。

それを考えても、来季こそは何としてでもチャンピオンズリーグ出場権を掴みたいところだ。それがプレミア制覇への第一歩となるのだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ