結局サッリはユーヴェに何をもたらしたのか たった“1敗”で評価は急降下

失点に肩を落とすロナウド photo/Getty Images

伏兵リヨンに敗北

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせが決まった時、リヨンとの対戦を引いたユヴェントスは比較的ラッキーな方と考えられていたはずだ。

しかし、2試合合計の結果は2-2。アウェイゴールの差でリヨンに敗れることになってしまった。サポーターもまさかベスト16で消えることになるとは想像していなかったのではないか。

アウェイでの1stレグを0-1で落としていたユヴェントスは、2ndレグで必死の猛攻を仕掛けた。戦力では上回っており、2ndレグではシュートを16本も打っている。ポゼッション率も6割を超えていた。

それでもリヨン守備陣を崩し切ることはできなかった。2点は奪ったが、1点はクリスティアーノ・ロナウドのPK、そして2点目もロナウドが個人で決めたスーパーミドルシュートによるものだった。チームで相手守備陣を崩し切ってのゴールは生まれていない。

『90min』も、「セリエAのタイトルを獲得してもサポーターは指揮官マウリツィオ・サッリが何をチームに持ってきたのか理解できないでいる」と指揮官サッリに厳しい指摘をしている。

何とかリーグタイトルは守ったが、昨季からユヴェントスが大幅に成長したとの手応えはない。サッリはこのリヨン戦1試合だけで全てが判断されるわけではないことを強調しているが、近年ユヴェントスを指揮した者はチャンピオンズリーグの結果で全てが評価されるようになってきている。

今季はコッパ・イタリアも落としており、サッリに100%満足しているサポーターは少ないだろう。リヨンに敗れたことで、今季のユヴェントスは失敗と判断することもできる。

サッリ体制のままでチャンピオンズリーグ制覇の目標は実現するのか。このリヨン戦で大きな迷いが生じたのは間違いない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ