マンCは欧州の頂点へ届くのか レアルが味わった“11年ぶり”の屈辱

レアルを撃破したマンC photo/Getty Images

リヴァプールに敗れた時以来の記録

今季こそマンチェスター・シティのサポーターは夢を見ることができるのか。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦にて、マンCは優勝候補の一角であるレアル・マドリードを2戦合計4-2のスコアで撃破することに成功した。

7日に行われた2ndレグではレアル・マドリードDFラファエル・ヴァランが決定的なミスを犯したこともあり、マンCにとってはラッキーな部分もあった。しかし、レアル相手に1stレグと2ndレグの両方で勝利を収めるのは簡単なことではない。

1stレグは要塞とも言えるレアル本拠地サンティアゴ・ベルナベウで2-1の勝利を収め、2ndレグも同様のスコアで勝利。レアルがチャンピオンズリーグの決勝トーナメントで1stレグと2ndレグの両方を落とすのはリヴァプールに2戦合計0-5で敗れた2008-09シーズン以来のことだ。

英『sky Sport』もマンCにとってチャンピオンズリーグ最高の一夜だったと称賛しており、レアル相手に2試合とも勝利を収めたことでチームの自信は増したはず。指揮官ジョゼップ・グアルディオラは通過点であることを強調していたが、グアルディオラ体制4シーズン目の今季こそは頂点を狙えるかもしれない。

またクジ運も悪くない。ベスト8ではユヴェントスを撃破したリヨンと対戦することになっており、ユヴェントスが敗れたのは完全にサプライズだ。リヨンも弱いチームではないが、それでもマンCとの実力差は明らか。順当にいけばマンCがベスト4に入るはずだ。

グアルディオラ就任以降、マンCは1度もチャンピオンズリーグ・ベスト4の領域に足を踏み入れていない。今季はかなりチャンスがあるように思えるが、この調子で一気に頂点へ駆け上がれるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ