アーセナルではアンリ以降“最強”か チームを高みへ導くオバメヤンの脅威

アーセナルのオバメヤン photo/Getty Images

圧倒的な得点力

元フランス代表FWティエリ・アンリは、アーセナルにとって史上最高の存在とも言えるレジェンドストライカーだ。

プレミアリーグのタイトルを2度も獲得し、個人でもリーグ得点王を4度も獲得。アーセナルにとってアンリ以上の存在はいないかもしれない。

では、アンリに次ぐアーセナルのベストプレイヤーを選ぶなら、誰になるだろうか。

全ポジションを対象にするなら答えを出すのは難しいが、FWから選ぶならピエール・エメリク・オバメヤンで間違いないのではないか。

アーセナルの背番号14を背負い、スピードがあって得点力も高い。ここはアンリとの共通点だ。

何よりオバメヤンはビッグマッチに強い。先日はFA杯・決勝でチェルシー相手に2得点を記録してチームを優勝へ導いたが、ビッグマッチでのゴールも珍しいものではない。

FA杯の準決勝でもマンチェスター・シティ相手に2得点を奪っており、今季リーグ戦の方ではトッテナム、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド戦で得点を記録。

ビッグマッチに強いことこそエースの証であり、オバメヤンは難敵相手に得点を奪う術を理解しているのだろう。これもアンリ以降最強のFWと考えられる理由だ。

英『GIVE ME SPORT』もオバメヤンこそアンリ以降では最高のプレイヤーだと主張しているが、数字の面でもオバメヤンは説得力がある。

オバメヤンはアーセナルに加入した2018年1月より計70得点を記録しているが、現在プレミアリーグでプレイしている選手のうち同期間でオバメヤンよりゴールを奪った者は1人もいない。109試合で70得点の成績は見事と言うしかないだろう。

プレミアリーグの戦いでは128分に1得点のペースでネットを揺らしているが、プレミアの歴史でこれを上回るのはアンリ(121分)、トッテナムFWハリー・ケイン(120分)、マンCのセルヒオ・アグエロ(107分)のみとなっている。

チームタイトルの面ではアンリに敵わないが、個人部門ならオバメヤンも決して負けてはいないはず。まだ1年半しかプレイしていないものの、オバメヤンもプレミアの歴史に残るストライカーと考えていいだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ