ツィエクの後釜は19歳の“魔術師”だ アヤックスが狙う若き超絶ドリブラー

型にハマらないドリブルが持ち味のクドゥス photo/Getty Images

デンマークで輝く才能の原石

今夏、モロッコ代表MFハキム・ツィエクを失ったアヤックス。これまで前線の要として奮闘してきた同選手だけに、彼らにとってこの主力流出は大きな痛手と言えるだろう。来季のアヤックスは攻撃面で大きくスケールダウンしてしまうのか。そんな心配をしている人も少なくないはずだ。

しかし、そこは長年にわたって有望株を欧州ビッグクラブに引き抜かれながらもオランダで影響力を保っているアヤックス。彼らは今回も若き逸材を発掘し、主力流出の穴を完璧に埋めてみせるかもしれない。蘭『Voetbal International』によると、オランダの強豪がデンマークで躍動する技巧派ドリブラーを狙っている。

その選手とは、ノアシェラン(デンマーク1部)に所属するガーナ代表MFモハメド・クドゥスだ。まだ19歳の選手ではあるものの、同選手はクラブで背番号10を託されている実力者。何よりの武器はそのドリブルで、テクニカルなタッチとアフリカ出身の選手らしい身体のバネを駆使した突破はダイナミックかつ柔軟だ。向かってくる敵をヒラリと躱す姿に、現地では彼を“魔術師”と呼ぶ人もいる。

クドゥスは今季デンマーク1部で118回のドリブルを成功させており、2位の選手に「27」もの大差をつけてトップに立っている。それでいて味方を活かす能力にも長け、隙あらば常にラストパスを狙う姿勢を欠かさない。そんなガーナの新星にアヤックスは首ったけのようで、他クラブがアプローチをかける前に確保しておきたい考えだという。同メディアによると、クドゥスの移籍金は約800万ユーロ(9億7700万円)とのこと。まだ10代の逸材ということを考えれば、十分に安い方だろう。この価格もアヤックスが彼を狙う大きな理由の一つなようだ。

チームの中心を引き抜かれたアヤックスだが、才能の大きさから見ればクドゥスはツィエクにも劣らぬポテンシャルを秘めているか。来季オランダの強豪でまた、我々は若きビッグタレントのブレイクを目の当たりにするかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ