チェルシーの前線補強はまだまだ続く!? 狙っているのは“ウルグアイの宝石”

ペニャロールのペリストリ photo/本人Instagram

ツィエク、ヴェルナーをすでに獲得も

来季アヤックスからハキム・ツィエク、RBライプツィヒからティモ・ヴェルナーといった新戦力をスカッドに加えるチェルシー。さらに現在はレヴァークーゼンのカイ・ハフェルツを狙っているとされ、移籍市場で活発な動きを見せている。ハフェルツも確保できれば、マーケットにおける“勝ち組”となることは間違いない。

しかし、チェルシーの前線補強はそれだけにとどまらないかもしれない。彼らは今夏、さらなるヤングスターを南米から輸入する可能性があるのだ。英『Express』によると、チェルシーは現在ウルグアイで急速に成長する“ダイヤの原石”に熱視線を送っているという。

その“ダイヤの原石”とは、かつて欧州の舞台で活躍したディエゴ・フォルラン氏が監督を務めるCAペニャロール(ウルグアイ1部)のFWファクンド・ペリトストリだ。まだ18歳ながら、同クラブの背番号10を任されている同選手。ウルグアイ代表デビューの日も、そう遠くはないとされるホープだ。

ペリストリは右ウイングを主戦場とし、類稀なるスピードとセンス溢れるドリブルを武器にウルグアイリーグを席巻している。その才能にはフォルラン監督だけでなく、元アルゼンチン代表MFファン・ロマン・リケルメ氏も注目しており、「(自身が副会長を務める)ボカ(・ジュニアーズ)に連れて行きたい」と発言するほどだ。

そんな若者をチェルシーも高く評価しており、ユヴェントスやマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドといったクラブとの争奪戦に備える構えだという。はたしてチェルシーは並み居るライバルたちを押しのけて、このヤングスターを確保することができるのだろうか。ブルーズの前線補強はまだまだ終わりそうにない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ