ラウール、ボージャンを超えるべし ファティが目指せるU-17の得点記録

バルセロナのファティ photo/Getty Images

リーグ戦再開後は好調を維持

リーガ・エスパニョーラ再開後、バルセロナに起きた1つの変化が若手の起用法だ。

20歳のMFリキ・プイグ、17歳のFWアンス・ファティの出番が増えており、2人ともパフォーマンスは高い評価を得ている。

特に今回注目したいのはファティの方だ。再開後はレガネス戦、ビジャレアル戦で得点を決め、これで今季リーグ戦での得点数は6に達した。

スペイン『MARCA』によると、17歳以下のプレイヤーがリーガで決めた最多得点記録は故パブロ・キンタナ氏が持つ11点が最多だ。キンタナ氏は18歳の誕生日を迎えるまでにリーグ戦にて11点を決めている。

それに続くのは、バルセロナのカンテラ(下部組織)が生んだ才能として有名なFWボージャン・クルキッチで10点、その次は元レアル・マドリードFWラウール・ゴンザレスで9点だ。

ファティは来年の10月が18歳の誕生日だ。まだ時間は十分に残されている。

そのため、同メディアはファティがU-17のリーガ得点記録を塗り替えてくるのではないかと注目しているのだ。来年の10月までに6点は出場機会さえあれば難しい数字ではないはず。

ここまでファティは多くの最年少記録を作ってきたが、リーガ最強のU-17アタッカーへ名乗りを上げるか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ