アルトゥールにとってユーヴェは理想的? 恩師も期待するさらなる進化

バルセロナからユヴェントスへ移籍することとなったアルトゥール photo/Getty Images

カルチョは最良の選択

ブラジルの名将ルイス・フェリペ・スコラーリ氏が、愛弟子である同国代表MFアルトゥールのユヴェントス移籍について語っている。

現在23歳のアルトゥールは、母国の名門グレミオでプロとしてのキャリアをスタートさせ、2018年夏にバルセロナへ加入した。「シャビの後継者」などと呼ばれ、クラブの将来を担うと期待されたが、今夏の移籍市場で移籍話が急浮上。様々な噂が飛び交い、選手本人はバルセロナ残留を望んでいると言った報道もあったが、ユヴェントスMFミラレム・ピャニッチとトレードされることが正式発表された。

グレミオ時代の2015年に、下部組織でプレイしていたアルトゥールをトップチームへ昇格させるなど、同選手と師弟関係にあるスコラーリ氏。伊『Gazzetta dello Sport』のインタビューに応じると、トリノはアルトゥールにとって「理想的な場所」として、次のように語っている。

バルセロナを離れることは決して簡単なことではない。ただ、彼は様々な期待を背負っている。カルチョは彼にとって最良の選択だと思うよ。彼は自分のベストを尽くしさえすれば、プレイスタイルの変化を求められることもないだろうからね」

「サッリのことはよく知っているよ。私は彼のことが本当に大好きなんだ。ワールドクラスの監督だし、私と同じようにクオリティの高いフットボールを好むからね。アルトゥールはワンタッチやツータッチのプレイができるので、サッリは最適な監督。素晴らしいコンビになると思うよ」

「アルトゥールはすでにトッププレイヤーだ。疑いの余地はない。そうでなければ、23歳でバルセロナやユヴェントス でプレすることはできないよ。彼がバルサで、一貫性を持ってプレイでいいていないというのは真実ではない。景色の変化が必要なだっただけで、ユヴェントスではより良い彼が見られるかもしれない」

スコラーリ氏はイタリアの地で、愛弟子アルトゥールのさらなる進化を期待しているようだ。はたして、同選手は恩師の、そしてユヴェントスファンの期待に応えることができるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ